2011年10月06日

秘密の夢成功作戦

。♪..:.*.... 悠々自適生活*☆゜..・。

ネットワークビジネスで途中挫折しない為には、夢を持ちその夢の実現の為に努力を惜しまない事が大切です。
でも、その夢を夢で終わらせない為には、まだ大切な事があります。

それは、「夢成功作戦」の秘密です。

分かりやすく言えば、夢をイメージしたら、それを具体的に紙に書く事です。

私が書いたように、いえそれ以上に具体的に書き出してみるんです。
紙に書いて行くと、自分が本当に必要としているものが見えて来ます。
最初は殴り書きでも構いません。
兎に角書いてみましょう!
何度も書き直して行くうちに、具体的なイメージに固まります。

そして、その夢の実現に向かって時間の設定をするんです。
例えば、10年先にはどうなっているか。
それが出来たら今度は、もっと区切ります。
5年先、3年先、1年先、もっともっと、
5カ月先...というように区切りをつけた計画をするんです。
もちろん紙に書いて下さいね。
「夢成功作戦」の完了です。

そうする事によって、きっとあなたのしたい事や目標が鮮明になる事でしょう。

人間の脳は、書く事によって、そして声に出す事によって、そのような方向へ導こうとするのだそうです。
そのような素晴らしい脳の機能を使わない法はありません。

おおいに夢を膨らましましょう!

ネットワークビジネスで海外への道 
posted by 7starruby at 02:06| Comment(0) | ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

これぞまさしく悠々自適生活

。♪..:.*.... 悠々自適生活*☆゜..・。

ドイツでは秋になると素晴らしい収穫の行事があちらこちらで行われます。
実りの秋です。豊作の秋です。
ブドウもふさふさと育ち人間に希望を与えてくれます。

私の知り合いに家の近くのブドウ園を共同経営している人がいます。
定年後の趣味として本当に健康的です。

ドイツのブドウ園では、9月に入ると収穫の時期になり、あちこちのブドウ園で手作業のぶどうの摘み取りが始まります。
そのブドウの収穫の事をドイツ語で、Weinlese(ワインレーゼ)と言います。
わが町にも小さなブドウ園がありますが、そのブドウ園は個人の所有ではなく、78人の趣味の愛好家達が資金を出し合ってぶどうの木を育てています。
趣味のブドウ園経営者達です。
勿論、素人だけではぶどうの栽培には無理がありますから、専門家の指導のもとで育てられています。
そのブドウ園でも先週、夏のような気温の良く晴れた土曜日に、 Weinlese (ぶどうの収穫)が始まりました。

私の知り合いもその所有者の一人ですが、彼はその地に16本のぶどうの苗を育てているそうです。
彼が育てている16本の苗木は、全て( Johanniter ) 白ワイン用の苗ですが、この地には、赤ワイン用の苗 (Regende と Cabernet Cortis ) も育てられているそうです。

今年の収穫は、Johanniter が 1000 リットル、Regende と Cabernet Cortis が 500 リットルだったようです。

今年の春は異常に暑く雨も少ない夏のような春でした。
そして夏は、例年にない多量の降雨量。

このような悪天候にも関わらず見事に育った今年のブドウの収穫は、78人の趣味のブドウ園主達にも満足出来るものだったようです。

この地で今年収穫されたブドウは、85 Grad Oechsle ( 糖分85 度)もあったそうです。

Oechsle = ブドウ液に含まれる糖分ですが、ドイツのワイン畑で収穫されるブドウは普通 70-80 Oechsle ですから、この地で収穫されたブドウは、甘みを多く含んだ良い品質のブドウと言えます。

太陽の日を存分に浴びる傾斜地と砂地に育ったこの地のブドウならではだと思います。


この日収穫されたブドウは、醸造所に運ばれ瓶づめにされて、それぞれに分けられるのだそうです。

白ワイン用の苗だけを所有している私の知り合いにも、赤ワインは配当され、彼は毎年この赤と白のワインを楽しみにしています。

「飲んでしまうのは勿体なくて、なかなか飲めない」と言ってました。

確かに貴重なワインには違いありません。
この狭い土地に少量収穫された良質のブドウから出来たワインなんですから。。。

ドイツ中を探したって、同じものは何処にもありません。
残念ながらこのワイン、市場には出回りません。

このワインを飲みたかったら、愛好家クラブの一員となり自ら苗を購入して、自ら植え育てる必要があります。

定年退職をしてからの趣味として、ワイン好きにはもってこいです。
自分で育てた苗から出来たワインはまた格別なお味でしょうね!

これぞまさしく悠々自適生活。

ネットワークビジネスで海外への道 
posted by 7starruby at 22:58| Comment(0) | ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

将来、今の生活水中を保つには…

。♪..:.*.... 悠々自適生活*☆゜..・。

将来を悠々自適に過ごせる自信が、あなたにはおありでしょうか?
あなたは定年後に、今の生活の水準をたもてる自信がおありですか?

私がこのネットワークビジネスを始めたのは、
将来・老後の生活が心配だったからです。

まだ先の話なのですが、夫の退職金で、
今の生活水準を保てるかどうか分からなかったからです。

「幸せな老後を送る為の3K」ってご存知でしょうか?

老後を「健康」で「幸せ」に「ゆったり」と送りたい...と望まない人は多分いないと思います。
もしいたら相当な御仁です。

「幸せな老後を送る為の3K」とは、
健康、経済(お金)、心(生き甲斐)なのだそうです。

お金お金。。。と言いたくはありませんが、この3つの中で今からでも遅くない、
しかも自分で達成出来るものといえば経済的余裕の準備だと思います。

幸せな老後はお金で買えないのは勿論ですが、これら3つとも満たされないと幸せな老後は過ごせません。

この3つが備われば『お金は無くても、健康と心が満たされていれば、
お金のみ満たされている人より幸せなのだ』と、思えるのではないでしょうか。

生活するのが苦しくなれば、とてもこのような気分の余裕は出ないと思います。

気分に余裕があるからこそ出て来る言葉ではないでしょうか。


それでは実際に、お金がどのくらいあれば「老後にゆとりある生活が出来る」のでしょうか?

以前、「退職時に1億円あれば老後は安心だ」と聞いたことがあります。 

どなたかが計算して公表なさいました。

ゆとりある老後を過ごすには......    
退職時に1億円必要(公的年金以外に)1億円ですよ。。。

それに、公的年金をもらえる方はまだいいですが、「ゆとりある老後」を過ごす事が出来るのでしょうか。

日本の公的年金制度は、今後崩壊します。

将来・老後の経済的生活設計は、なるべく若いうちからしっかりとたてておかねばなりません。

労働所得(勤労所得)だけに頼らずに、
不労所得、ポートフォリオ所得で 

老後をゆとりある生活にしたいものですね。

ネットワークビジネスで海外への道 


posted by 7starruby at 02:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。