2013年09月08日

ネットワークビジネスで大事な事:ノウハウをお伝えする

。♪..:.*.... 悠々自適生活*☆゜..・。

在宅で出来るネットワークビジネスを成功させる為には、
色々な重要なポイントがありますが

その一つは、

私達のノウハウを
新参加者にお伝えする…という事があげられます。


私が参加したこの在宅ネットワークビジネスの目的は、
勿論、最終的には一生型収入を得る事です。

印税のような
権利収入(不労収入)を獲得する事です。

私達のビジネスでの大きな仕事の一つに、
自分に続く人達へのフォローがあります。

これは、私達がとても大切にしている部分です。

インターネットを通してのお付き合いなので、
お会いした事もない方達との交流を
メールのやりとりで深めながら活動しています。

私は、グループのノウハウをお伝えするのは勿論ですが、
自分の経験を生かして色々とご説明しています。

出来上がったホームページを
褒めたり褒められたり
伝えられた事に感謝したり感謝したり......

とっても和やかな雰囲気で
楽しく仕事を進めております。

毎日楽しいメールが行き来しています。

その仲間とのメール交流が
後に私達へもたらす収入源につながります。

伝えた人から喜ばれ、
人に教える喜びを感じ、
感謝し、感謝される。


「人の為に尽くす事が最高の幸せ感をもたらす事」


だと言われていますが、
まさにそのとおり
生活に「はりあい」が出てきます。

その上収入もともなってくるのですから、
何と素晴らしい事でしょう!

ネットワークビジネスで海外への道 
posted by 7starruby at 04:17| Comment(0) | ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

みんな歳をとります

。♪..:.*.... 悠々自適生活*☆゜..・。

私が歳をとって来た為でしょうか、
最近特に老後の心配をするようになりました。

しかし。。。

歳をとるのは私一人ではありません。

医療の進歩や、人々の生活環境が大きく進展した今、
高齢化が進んでいるのは日本だけではありません。

世界中に在住する日本人達の高齢化も進んでいます。
ドイツでも在独邦人の高齢化が進んできました。

私達邦人友の会でも、
老後生活をより良くする為の勉強会が専門家をお招きして盛んに開催されています。

1945年に第2次世界大戦が終わり、
その後大勢の日本人がドイツに移り住むようになりましたが、
その最初の移住者達が今高齢になりつつあります。
終戦後に海外進出した人達が今高齢化を迎えています。

日本のいくつかの大学の合同調査団の元で、
今から13年前の1998年に、
ドイツ在独邦人対象に老後意識の調査がなされたのですが、
その結果、
多くのドイツ在住の方々がドイツでの老後生活に不安を持っておられる事が示されました。

そして今、この調査から13年が経ち、
ドイツの多くの方々が実際に高齢となり、
老後に対する具体的な福祉サービスが求められています。

昨年度には、ベルリン大使館が、在独邦人の高齢化支援の為に、
ドイツで老後を考える日本人グループの方々にリスニング調査を行いました。

そして現在、ドイツでの在留邦人の老後に対する支援の意識が高まっています。

今回13年ぶりに、
日本の大学の同合同調査団によって再びアンケート調査が行われています。
13年前の調査結果と比較しながら、
どのような具体的な福祉サービスが求められているかを明確にし、
外務省や厚生労働省へ政策提案がなされようとしています。

世界中に在住する日本人達の高齢化が近年進んでいると聞きますが、
ドイツでも在独邦人の高齢化が進んできました。
私達邦人友の会でも、老後生活をより良くする為の勉強会が
専門家をお招きして盛んに開催されています。

1945年に第2次世界大戦が終わり、
その後大勢の日本人がドイツに移り住むようになりましたが、
その最初の移住者達が今高齢になりつつあります。
終戦後に海外進出した人達が今小売れかを迎えています。

日本のいくつかの大学の合同調査団の元で、
今から13年前の1998年に、
ドイツ在独邦人対象に老後意識の調査がなされたのですが、
その結果、多くのドイツ在住の方々が
ドイツでの老後生活に不安を持っておられる事が示されました。

そして今、この調査から13年が経ち、
ドイツの多くの方々が実際に高齢となり、
老後に対する具体的な福祉サービスが求められています。

昨年度には、ベルリン大使館が、
在独邦人の高齢化支援の為に、
ドイツで老後を考える日本人グループの方々にリスニング調査を行いました。

そして現在、ドイツでの在留邦人の老後に対する支援の意識が高まっています。

13年ぶりに、日本の大学の同合同調査団によって再びアンケート調査が行われています。
13年前の調査結果と比較しながら、
どのような具体的な福祉サービスが求められているかを明確にし、
外務省や厚生労働省へ政策提案がなされようとしています。

ネットワークビジネスで海外への道 
posted by 7starruby at 03:26| Comment(0) | 在宅ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

一瞬で消えるお金は頼りになりません!

。♪..:.*.... 悠々自適生活*☆゜..・。

今世の中どちらをを向いても、不安なニュースがいっぱいです。

昨日もニュースで伝えられていましたが、
ヨーロッパでは次々に経済破綻を起こす国が表れています。

その国では、「イタリアの二の舞は避けようと」政府が決意したので
預金者達は預金をひき出せなくなってしまいました。

老後の為の預金も1日で霞となってしまったのです。

何とお気の毒な事でしょう!

今の時代、この話は人ごとではありません。
自分にも起こりうる事です。

老後の経済的にゆとりある生活を望むなら…
何か手を打たなければなりません。

でも何かっていったい何〜?と
思われた方は是非お読み下さい。

私が始めたその「なにか」を
出来るだけ多くの方々にお伝えして
将来への不安を解消して頂きたいと思っています。


『何かはじめたいな〜』と思った時、一瞬不安が心の中を走りませんか?
新しいことを始めようとすると、脳が自然に自分を守る働きを起こすのだそうです。

新しいことを始める時に誰でも不安だと思います。

私もこのビジネスを始める時はとっても不安でした。

でもその不安は、
色々アドバイスを頂いているうちに段々消え去りました。

『何でも聞いていいんだ〜』と確信出来たからです。

でも、何でも聞いていいからと言って全部おんぶにだっこでは、
いつまでたっても自分の身につきません。

何か問題が起こった時にも、他人に頼っているだけでは、問題解決にはなりません。

私達は、生きて行く上で色々な問題にぶつかりますが、
その問題から逃げないで、真っ正面から立ち向かう勇気を持つ必要があります。

何にでも立ち向かう率先力を持つ事が成功への道なのです。

問題を避けて通っていてはいつまでも成功しません。

生意気な事を言うようですが、
それが出来なければその道で成功はしないのです。

このビジネスに限らず何にでも言える事だと私は思います。

私が始めた「なにか」は、下記をクリックしてご覧下さい。

ネットワークビジネスで海外への道 
posted by 7starruby at 00:05| Comment(0) | ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。