2013年10月01日

老後には思いの他お金が必要です!

。♪..:.*.... 悠々自適生活*☆゜..・。

悠々自適生活を将来希望するなら、
いまからでも遅くありません。

ネットワークビジネスで基礎を構築しておきましょう!

近年、年金が当てにならなくなって来ている事は、
誰でも既にご承知と思います。

「老後に一体どのくらいのお金が必要か」
考えた事はおありでしょうか。

若くて元気なときには想像もつかない事が、老体にはおこって来ます。

私は何年か前に大病をして、
自分の体が自分ではない体験を致しました。

その時に思ったのは、
まず「あ〜、これで私の一生は終わりだ」

そして助かりそうだと分かった時に思った事は、
「年取ったら、こういう具合に体が不自由になるんだ」でした。

それまでは、
お年寄りを見ても『ご不自由でお気の毒に』と
第三者的に思っていたのが、
この時の体験で、それがどんなに辛い事か理解できました。

不自由な体になった時の想像がつかないならば、
大病にならずとも体感できる方法があります。

重い本か石をつめたリュックサックをしょい、
両手両足をロープでしばって歩いてみて下さい。
そうすれば自由に動けず、時間がかかり、
何をするにも大変な労力を要するのが理解できるでしょう。

長生きしたくない方は別ですが、
人間長く生きれば、多かれ少なかれ体の不自由さを感じてくるものです。

自分で自分の事が出来なくなったら、
介護の方に助けてもらわなければなりません。

将来、老人の数が増え続け、
介護をする側の人口がそれに追いつかなくなったらどうなるでしょう?

長生きする前提で、
将来の経済的生活設計をする必要があります。

プランは出来るだけ早い時期に立てる事が大事です。

ネットワークビジネスで海外への道 
posted by 7starruby at 17:52| Comment(0) | 在宅ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

みんな歳をとります

。♪..:.*.... 悠々自適生活*☆゜..・。

私が歳をとって来た為でしょうか、
最近特に老後の心配をするようになりました。

しかし。。。

歳をとるのは私一人ではありません。

医療の進歩や、人々の生活環境が大きく進展した今、
高齢化が進んでいるのは日本だけではありません。

世界中に在住する日本人達の高齢化も進んでいます。
ドイツでも在独邦人の高齢化が進んできました。

私達邦人友の会でも、
老後生活をより良くする為の勉強会が専門家をお招きして盛んに開催されています。

1945年に第2次世界大戦が終わり、
その後大勢の日本人がドイツに移り住むようになりましたが、
その最初の移住者達が今高齢になりつつあります。
終戦後に海外進出した人達が今高齢化を迎えています。

日本のいくつかの大学の合同調査団の元で、
今から13年前の1998年に、
ドイツ在独邦人対象に老後意識の調査がなされたのですが、
その結果、
多くのドイツ在住の方々がドイツでの老後生活に不安を持っておられる事が示されました。

そして今、この調査から13年が経ち、
ドイツの多くの方々が実際に高齢となり、
老後に対する具体的な福祉サービスが求められています。

昨年度には、ベルリン大使館が、在独邦人の高齢化支援の為に、
ドイツで老後を考える日本人グループの方々にリスニング調査を行いました。

そして現在、ドイツでの在留邦人の老後に対する支援の意識が高まっています。

今回13年ぶりに、
日本の大学の同合同調査団によって再びアンケート調査が行われています。
13年前の調査結果と比較しながら、
どのような具体的な福祉サービスが求められているかを明確にし、
外務省や厚生労働省へ政策提案がなされようとしています。

世界中に在住する日本人達の高齢化が近年進んでいると聞きますが、
ドイツでも在独邦人の高齢化が進んできました。
私達邦人友の会でも、老後生活をより良くする為の勉強会が
専門家をお招きして盛んに開催されています。

1945年に第2次世界大戦が終わり、
その後大勢の日本人がドイツに移り住むようになりましたが、
その最初の移住者達が今高齢になりつつあります。
終戦後に海外進出した人達が今小売れかを迎えています。

日本のいくつかの大学の合同調査団の元で、
今から13年前の1998年に、
ドイツ在独邦人対象に老後意識の調査がなされたのですが、
その結果、多くのドイツ在住の方々が
ドイツでの老後生活に不安を持っておられる事が示されました。

そして今、この調査から13年が経ち、
ドイツの多くの方々が実際に高齢となり、
老後に対する具体的な福祉サービスが求められています。

昨年度には、ベルリン大使館が、
在独邦人の高齢化支援の為に、
ドイツで老後を考える日本人グループの方々にリスニング調査を行いました。

そして現在、ドイツでの在留邦人の老後に対する支援の意識が高まっています。

13年ぶりに、日本の大学の同合同調査団によって再びアンケート調査が行われています。
13年前の調査結果と比較しながら、
どのような具体的な福祉サービスが求められているかを明確にし、
外務省や厚生労働省へ政策提案がなされようとしています。

ネットワークビジネスで海外への道 
posted by 7starruby at 03:26| Comment(0) | 在宅ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。