2014年03月06日

情報時代の生き方

ネットワークビジネスで悠々自適生活

情報時代での生き方と産業時代の生き方は違ってもいいのではないでしょうか?
世の中インターネットの発展で、大きく変わりました。
これからの生き方を考えてみたいと思います。

私の住んでいるドイツは、子供達の成績ばかリを特別に重要視しません。
「ですから何が何でも大学を出なければならない!」という事はありません。

ドイツでの大学は大学院までつながっていますので、大学卒業者は日本で言う大学院卒業者です。
ですから大学卒業者はそう大勢いないのです。

ドイツの大学は本当に学問をする為に門が開かれていますから、ただ何となく大学に行っても卒業は無理です。
なぜならば、ドイツの大学は、入れても簡単に卒業出来ないシステムがあるからです。

そのかわりにドイツには、大学に行かなくても自分の技術を磨く事で得られるマイスター制度があります。
このマイスターにも簡単にはなれませんが、学問をする必要はありません。

ですから誰もが皆大学を目指しません。
学問が好きではない人達は皆、行っても時間のむだだと確信しているからです。

私達日本人は、今まで、良い学校を良い成績で卒業し、良い会社に就職するのが一番いい事だと教えられ育てられて来ました。
それは私達の親の時代がそうだったからです。
しかし、私達はもっと、お金の勉強を小さい時からするべきではなかったのではないでしょうか!

私は大人になってから、その事に気がつきました。
お金お金と言いたくはないですが、基本的にやはりお金がなければ出来ない事が沢山あるのです。
世の中は自分の頭を使って自分を守る時代になって来ています。
今からでも遅くはありません。
私は、お金の勉強をして行きたいと思っています。

その為にはお金の種類を知る必要があります。
先ずは所得です。
所得がどのくらいあるかで、私達の生活のスタイルが決まりますが、その所得には3つの種類があります。

1、労働所得 勤労所得とも言いますが、働いた分の給料をもらいます。
  昇給して所得が上がると税金も増えます。
  そして定年退職した時点でこの労働所得はストップします。
2、不労所得 不動産や印税等からの収入です。
  ネットワークビジネスもこれに属します。
3、ポートフォリオ所得 株式、債券、投資信託、銀行口座などからの収入です。
  手数料がかかります。

世の中の金持ちは、この2番と3番の所得を持ち、1番目の労働所得だけで生活する人達は、お金を貯めるのは非常に困難となるようです。
なぜかと言いますと、労働所得を不労所得やポートフォリオに変えないからです。
なぜ変えないか......それは、その方法を知らない事と、知っていてもそうする勇気がないからです。
「資金がないから出来ない」というのも『理由の一つにあげられる』と、多くの方は思われているようですが、そうではありません。

2番の不労所得のネットワークビジネスは、印税や不動産と違って、特別の才能がなくても、小額の資本金で始められます。

ただし、成功する為にはまず、最初に堅実な会社とグループを選ぶ必要があります。
土台がしっかりしていなければ、努力は無駄になり多くの時間の損失につながります。
成功するのもしないのも、自分の頭を使って自分でする事には違いありませんが、土台だけはしっかりとしている必要があるのは間違いありません。

。♪..:.*.... 悠々自適生活*☆゜..・。
posted by 7starruby at 02:58| Comment(0) | ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。