2013年06月28日

みんな歳をとります

。♪..:.*.... 悠々自適生活*☆゜..・。

私が歳をとって来た為でしょうか、
最近特に老後の心配をするようになりました。

しかし。。。

歳をとるのは私一人ではありません。

医療の進歩や、人々の生活環境が大きく進展した今、
高齢化が進んでいるのは日本だけではありません。

世界中に在住する日本人達の高齢化も進んでいます。
ドイツでも在独邦人の高齢化が進んできました。

私達邦人友の会でも、
老後生活をより良くする為の勉強会が専門家をお招きして盛んに開催されています。

1945年に第2次世界大戦が終わり、
その後大勢の日本人がドイツに移り住むようになりましたが、
その最初の移住者達が今高齢になりつつあります。
終戦後に海外進出した人達が今高齢化を迎えています。

日本のいくつかの大学の合同調査団の元で、
今から13年前の1998年に、
ドイツ在独邦人対象に老後意識の調査がなされたのですが、
その結果、
多くのドイツ在住の方々がドイツでの老後生活に不安を持っておられる事が示されました。

そして今、この調査から13年が経ち、
ドイツの多くの方々が実際に高齢となり、
老後に対する具体的な福祉サービスが求められています。

昨年度には、ベルリン大使館が、在独邦人の高齢化支援の為に、
ドイツで老後を考える日本人グループの方々にリスニング調査を行いました。

そして現在、ドイツでの在留邦人の老後に対する支援の意識が高まっています。

今回13年ぶりに、
日本の大学の同合同調査団によって再びアンケート調査が行われています。
13年前の調査結果と比較しながら、
どのような具体的な福祉サービスが求められているかを明確にし、
外務省や厚生労働省へ政策提案がなされようとしています。

世界中に在住する日本人達の高齢化が近年進んでいると聞きますが、
ドイツでも在独邦人の高齢化が進んできました。
私達邦人友の会でも、老後生活をより良くする為の勉強会が
専門家をお招きして盛んに開催されています。

1945年に第2次世界大戦が終わり、
その後大勢の日本人がドイツに移り住むようになりましたが、
その最初の移住者達が今高齢になりつつあります。
終戦後に海外進出した人達が今小売れかを迎えています。

日本のいくつかの大学の合同調査団の元で、
今から13年前の1998年に、
ドイツ在独邦人対象に老後意識の調査がなされたのですが、
その結果、多くのドイツ在住の方々が
ドイツでの老後生活に不安を持っておられる事が示されました。

そして今、この調査から13年が経ち、
ドイツの多くの方々が実際に高齢となり、
老後に対する具体的な福祉サービスが求められています。

昨年度には、ベルリン大使館が、
在独邦人の高齢化支援の為に、
ドイツで老後を考える日本人グループの方々にリスニング調査を行いました。

そして現在、ドイツでの在留邦人の老後に対する支援の意識が高まっています。

13年ぶりに、日本の大学の同合同調査団によって再びアンケート調査が行われています。
13年前の調査結果と比較しながら、
どのような具体的な福祉サービスが求められているかを明確にし、
外務省や厚生労働省へ政策提案がなされようとしています。

ネットワークビジネスで海外への道 
posted by 7starruby at 03:26| Comment(0) | 在宅ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。